本当に結婚したい?婚活の前に「結婚相手に求めるもの」を考えて!

c57813b5879a4c5c9133b9b3abdb5b47_m
スポンサーリンク

周りの友だちがつぎつぎと結婚しているか婚活をしている、年齢が年齢だからもうそろそろ婚活をしようかな、という理由で婚活を始めたという方、まず、「そもそも自分は本当に婚活したいのか」ということを考えてみましょう。

本当に結婚したいか、と尋ねられて「したい!」とすぐに即答できるか否かで、婚活のモチベーションがわかります。

即答できない場合、してもしなくてもいい場合は、周りの雰囲気に流されて「なんとなく婚活」になってしまい、だらだらと婚活状態が続いてしまうか、すぐに諦めてしまうような状況になってしまいがちです。

そして、いざ本気で結婚したいと思ったときに、以前よりも条件が悪くなり後悔をしてしまう可能性が高くなります。そうしたことを防ぐために、まずは自分の本心を探ってみましょう。

周りに流されて「結婚しなきゃ」と思っていませんか?

「本当に結婚したいか」という問いに即答ができれば、婚活の具体的な計画や自分に合うパートナー像を掴むことがそれほど困難ではありません。

また、「35歳までに結婚する!」などという具体的な目標も立てることができるので、いつまでも理想の人を求め、婚活をだらだらと続けて消耗してしまう、ということを防げます。

本当に結婚したいかまず確認するべき3つの理由

周りの意見や一般論に惑わされないで済む

年齢を気にしたり、周りと比べながら婚活をすると、常に何かと比較して物事を評価し、その評価に振り回されることになります。

例えば、実は自分にとても合う人と出会っても、周囲の人のパートナーのスペックや、一般的に見た理想像と比べるとダメに見えてしまい、みすみすチャンスを逃してしまうことになります。

また、反対にスペックはとてもいいけど、自分には合っていない人と無理して付き合い、成婚に至り、後悔するようなことも考えられます。

嘘や見栄を張らず、謙虚な姿勢で婚活することができる

婚活パーティーやお見合いなどで異性にアピールするとき、自分が具体的にどんな人がいいか、自分軸で把握していると偽りない真実を語ることができます。

結婚したいという気持ちが定まっていないと、相手を惹きつけようとして虚偽を語り、結果的に相手を傷つけることも考えられます。

また、自分を抑えて相手に無理に趣味や好みを合わせ過ぎると、後々しんどくなり、婚活のモチベーションも下がりがちです。

理想を高く持ちすぎず、プライドをほどほどに保つことができる

絶対に譲れないという条件が絞れていなかったり、自分自身にとってではなく、一般的に良いとされている条件だけをあげていると、素敵な結婚相手と出会える幅は狭まってしまいます。

なぜなら、婚活においてそのような条件を持っている男性は人気が高く、当然、ライバルも多くなります。
そのライバルたちに勝てるほどの「何か」をあなたが持っていたとしても勝率は低くなります。

ですが、具体的に自分にとって譲れない条件に絞ると、素敵な結婚相手に出会える確率は高くなるでしょう。

まずは結婚相手の「譲れない条件」を考えてみよう

婚活を始める前に、一緒に家庭を築きたい結婚相手に対する「譲れない条件」を3つ出してみましょう。

「恋人」ではなく「家庭を築きたい結婚相手」です。

結婚をすれば、10年20年とその結婚相手と生活をすることになります。
その結婚相手と、あなたが住む「家」は同じものだと考えてください。

家を選ぶとき、安心して暮らせるようにと考えて選ぶように、結婚相手にとしてはときめきを求めるのではなく、安心感を求めてみましょう。そうすると、おのずと自分にとっての具体的な理想の結婚相手像が出てくるはずです。

スポンサーリンク

「結婚したいのに、出会いがない…」という人にオススメの「ブライダルネット」

「ブライダルネット」は、月々たったの2,500円から始められる、とってもお手軽な婚活サイトです!

しかも、安いだけじゃなくて、実績もスゴイ!

利用者の50%もの人が、3ヶ月以内にお相手を見つけて、カップル成立しているんです!

おまけに、カップル成立しなかったら全額返金してくれるので、ノーリスクで試すことができますよ♪

ブライダルネットの3つの安心ポイント

  • ●本人確認100%で、真剣に結婚を考えている人しかいないから安心!
  • ●男性は、定職についていないと登録できないから、100%ちゃんとした仕事をしている人で安心!
  • ●カップル成立しなければ、全額返金保障が付いているから安心!