失敗に学ぶ!結婚を焦るあまりやらかした失敗談5つ

a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s
スポンサーリンク

結婚できなくても、焦りは禁物!

結婚できない日々が続くと、ついつい焦ってしまい、安直な出会いを求めたり、彼氏にプレッシャーをかけ過ぎたりしてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、何事も焦りは禁物。結果を急ぐあまり、慌てて行動してしまうと、かえって裏目に出てしまうものです。

今回は、結婚できない焦りから、婚活中にやらかしてしまった失敗談を聞いてみました。
焦りから何かやらかしてしまう前に、コレを読んで計画的に婚活を進めてみましょう!

結婚を焦るあまりやらかしてしまった失敗!

彼氏に結婚を迫ったことが原因で、ケンカ別れに…

彼氏が両親の説得をなかなかしてくれなかったことが原因でケンカになり、そのまま喧嘩別れをしてしまった。

長年付き合っていた彼と「そろそろ結婚したいね」という話になったのですが、それから全く話が進むことがありませんでした。「一体いつ結婚するの?」と聞いたところ「両親の説得に時間がかかっている」とのことでした。何度も催促しても状況は変わらず、いつになっても結婚できないのではと言い合いになり、結局別れてしまいました。

結婚を急かすとあまり良いことがないので、それからはできるだけ結婚したいことは隠しています。ガツガツしないように気を付けていますね。
(M.Tさん 20代 事務職)

ゼクシィを彼のみえるところに置いて呆れられる

当時、周りが結婚ラッシュ。正直、男性からそこそこモテていた私は3年程お付き合いしていた彼がいましたが、昔地味だった子がどんどん結婚していくのに、負けた気になり焦っていました。会う度に結婚の話題をだし、街でジュエリーショップを見つけては、「意味のある指輪がほしいなあー」と言っていました。彼は「いつかね」といつも流すので、真剣に思われていないと思い、ゼクシィを買って彼の家に行きました。リビングのテーブルに置いて先に寝て、彼の帰りを待ちました。帰ってきた彼はゼクシィには触れずスルー。気になって「テーブル、見た?」と聞くと、「プロポーズもされてないのにゼクシィ買ってきて結婚アピールする女ってほんとにいるんだね」と言われてしまいました、、、。

結局その彼とはすぐに別れてしまいました。そのことがきっかけでお互い真剣に結婚を考えはしたものの、やはり結婚相手ではないという結果になって円満に別れました。今思うと、「この人と結婚したい」ではなく「結婚したい!周りに負けたくない!」という気持ちだったからうまくいかなかったんだと思います。その次にお付き合いした人は、年齢もあり結婚を意識しての交際スタートでした。結婚を意識しない相手と気軽に付き合える年齢ではなかったので、付き合うと決めるまでに1年近くかかりました。「この人と結婚したいな」と思うようになると、自然と相手を思いやった行動をとれるようになり、余裕がうまれました。それが良かったのか、「一緒にいると落ち着く。結婚しよう」と言われ、付き合って1年で結婚できました。
(M.Yさん 20代 会社員)

付き合ってすぐに結婚したいと口にしてしまう

2年付き合った彼氏と別れてすぐ、新しい出会いがあった時のことです。

相手のやさしさに感動し、舞い上がってしまい、そのまま舞い上がった状態で、結婚したいと私から口にしました。
お相手の方はとても冷静な人で、真面目にまだ付き合いだしたばかりだから、と言われ、結局ダメになってしまいました。

それからは付き合うことになっても、舞い上がらないことを目標に婚活をしました。
今の夫とはお付き合い後に同棲し、そのまま5年がたち、このまま結婚をしないでいるのかな、と思った時、夫の父がもうそろそろ結婚はどうだと具体的に話を進めてくれました。そのおかげで、無事に結婚することができました。
(ssさん 40代 主婦)

はやく結婚したくて、出会い系サイトで相手を探してしまった

早く結婚したいと思うあまり、出会い系サイトで相手を探しました。

実際にそこで出会った人と付き合ってみたのですが、やっぱり思った人とは全然違いました。
ネットは仮面をかぶっているので本当にどんな人かはわからないと実感しました。

出会いを求めるあまりネットで探すのは間違っています。やっぱり実際にあってみないとその人のことはわかりません。それからは、ネットで出会いを探すのでなく、実際の出会いの場に行くようにしました。
(masaさん 20代 派遣社員)

体調が悪いのに、デートを断れずムリをしすぎて悲惨な結末に…

デート中に吐いてしまった。

年下の男性で爽やかな方がお相手でした。彼とは、ある結婚マッチングのサービスで知り合い初めてのデートでした。

実はその日、何となく体調がけだるく、本調子ではなかったのですが、気圧か何かのせいだろうと思っていました。

本音をいうと、そのままゆっくりどこかで休みたかったのです。
しかし、まさかそれでホテルなどに行くわけにもいかず、相手に悟られまいと、気丈を装って、芋羊羹を食べたり、抹茶を飲んだりしてました。しかし、駄菓子屋を出たとき、路上で耐えられくなり一気に嘔吐してしまいました。

正直パニックでした。彼もどうしてよいかわからず。私もどうしてよいかわからず。そのまま西武池袋線で帰ってきたような気がします。結局2~3時間過ごして、帰ってきただけです。

彼とはそれっきりですね。自宅についてから、メールを入れたような覚えがありますが、数日してマッチングサービス経由で「お断り」のメッセージが届いていたのを記憶しています。

彼に言われたひとこと。「無理しなくていいのに。体調が悪いなら悪いと言って」

そりゃそうですよね。結局翌日も気だるさは続き発疹が。結局、私は水疱瘡にかかっていました。自分自身がびっくりでした。

それ以後、そのようなことがあったら、体調が悪いことをちゃんと相手に伝えるようにしています。それ以前に、言いたいことを言える人が相手でないと、きっと結婚生活も上手くいきませんね。我慢をして振られた婚活の苦い思い出でした。
(aromamamaさん 30代 自営業)

「結婚できないかも…」なんて思いつめても良くない!焦らず、自分のペースで!

いかがでしたか?

「あるある!」というものから、まさかの事態に発展してしまったエピソードまで、皆さん色んな失敗をやらかしているみたいですね。

特に気をつけたいのが、焦るあまり、相手に結婚へのプレッシャーをかけすぎてしまったり、結論を急がせて、関係を壊してしまうこと。
結婚は、自分一人の都合でできるものではありません。

焦る気持ちもわかりますが、相手に都合を押し付けるのではなく、配慮を忘れないようにしたいものです。

また、出会い系サイトや、怪しいパーティーなどで出会いを求めるのも危険です。
相手の素性がわからないネット婚活や、身元のチェックが緩いパーティーなんかでは、遊び目的の人や、変な宗教、マルチ商法の勧誘なんかの被害にあったという話も絶えません。

友人・親戚・知り合いに紹介してもらったリアルの相手や、厳しい身分チェックを受けないと入会できない結婚相談所の方が、真剣な出会いの場としては安全性が高いです。

いくら焦っても、安易な出会いの場に出向くことは絶対に避けましょう。何かあってからでは遅いのです。

結婚に向けての行動をきちんと取れていれば、遅かれ早かれ、結果はついてくるものです。
あまり焦りすぎず、でも歩みは止めず。自分のペースで婚活をがんばってくださいね!

スポンサーリンク

「結婚したいのに、出会いがない…」という人にオススメの「ブライダルネット」

「ブライダルネット」は、月々たったの2,500円から始められる、とってもお手軽な婚活サイトです!

しかも、安いだけじゃなくて、実績もスゴイ!

利用者の50%もの人が、3ヶ月以内にお相手を見つけて、カップル成立しているんです!

おまけに、カップル成立しなかったら全額返金してくれるので、ノーリスクで試すことができますよ♪

ブライダルネットの3つの安心ポイント

  • ●本人確認100%で、真剣に結婚を考えている人しかいないから安心!
  • ●男性は、定職についていないと登録できないから、100%ちゃんとした仕事をしている人で安心!
  • ●カップル成立しなければ、全額返金保障が付いているから安心!