子連れ再婚するシングルマザーが幸せになるための3つのルール

mother_and_son_02
スポンサーリンク

今や、子連れ再婚は珍しくない!実際に再婚したシングルマザーに聞いてみた

厚生労働省の調査によると、平成17年に結婚した夫婦のうち、実に16.0%ものカップルが再婚だったそうです。

ひと昔前までは、シングルマザーが再婚するのは大変だったり、難しいことのようなイメージがありましたが、今ではすっかり珍しくなくなってきています。

そこで今回は、息子さんを連れて再婚されためぐみさんにお話を聞きながら、シングルマザーが幸せに再婚するために重要なコツについて考えてみました。

今回、お話を聞かせていただくのは、埼玉県在住のめぐみさんです。
めぐみさん
めぐみです。埼玉県在住の29歳です。
私は、24歳の時に当時2歳の息子を連れて離婚しました。

元シングルマザーと考える、子連れで幸せに再婚するための「3つのルール」

ルール①「父親として」ではなく「自分にとって」良いパートナーか?を考える

couple_take_hands

まず、いまの旦那さまとの出会いについて教えて下さい。
めぐみさん
離婚してから、息子を一人で育てる覚悟を決めて、昼はサイゼリア、夜はセブンイレブンで寝る間もなく働いていました。
当時はまだ20代前半でしたが、そんな生活が長く続くと、さすがに体力的にも精神的にもきつくなってきていました。

そんな時に、「君はよく頑張るね」と優しい言葉をかけてくれて自分を認めてくれたバイト先の相手が、私の再婚相手となる今の旦那です。

めぐみさん
当時、旦那の年齢は5歳上で、彼も離婚歴がありました。
離婚についてオープンに話すうちに意気投合し、やがて交際に至りました。

子どもが大好きだった彼ですが、前回の結婚では子どもが持てなかったそうです。
なので、私の子どもを実の息子のように育てる自信があると言ってくれ、それを聞き、結婚を決意しました。

ここがポイント!

子連れでの再婚となると、「この人は、良い父親になってくれるだろうか?」
ということを考えてしまうのは仕方がないことです。
もちろん、父親としてどうなのか、という点も大事ですが、
再婚は、「新しい父親探し」だけではありません。

まずは、「自分にとって良いパートナーとなってくれる相手かどうか」ということを考えましょう。

ルール②子供が再婚を理解し、受け入れてくれているか見極める

mother_and_daughter_02

交際を進める中で、息子さんと旦那さんはどのように接していましたか?
めぐみさん
相手の方と付き合うようになって、すぐに息子の存在を明かしました。当時4歳だった息子にもしっかりと話をしました。
めぐみさん
息子に新しいパパをどう紹介したらいいのか、
どうすれば、息子が彼の事を父親として認めてくれ、仲の良い家庭を築けるか悩みました。

再婚の話をわかりやすく息子に伝えたところ「パパは二人もいらない」と泣きながら嫌だと言っていたからです。
幼稚園の年中さんになっていたので、私が思うよりずっとよくわかっているようでした。

彼が家に遊びに来ても睨み付けたりカーテンの陰に隠れたりして嫌がっていました。
「お母さんをとらないで」と彼の手を引っ張って玄関に連れていこうとした事もありました。

なるほど、やはり初めは戸惑っていたんですね。
めぐみさん
少しずつ焦らずに、お互いストレスがたまらないように彼と息子を会わせるようにしました。

毎週末、土曜か日曜日に息子と彼と私の3人で息子の大好きなハンバーグをレストランに食べに行っていました。

美味しいものを食べ心地よい時間を共にすることで息子も少しずつ警戒心がなくなってきたように感じます。

ここがポイント!

一般に、お子さんがまだ小さく、2-3歳くらいまでの間なら再婚相手にも比較的すぐになついてくれるケースが多いようです。
また、お子さんがもう成人していたり、思春期が終わってある程度大きくなっている場合も、
親の再婚に理解を示してくれ、受け入れられやすいでしょう。

気をつけなければならないのは、今回のめぐみさんのケースのように、子供が幼稚園〜思春期くらいの年齢の場合。

親から見れば、まだまだ幼いと思っていても、このくらいの歳になると何が起こっているか、
私達が考えている以上によく理解しているものです。

それでいて、当然まだ精神的には自立できていませんから、
再婚相手にお母さんを取られてしまうように感じたり、
「再婚」という親の事情を理解するだけの余裕がまだ出来ていません。

いい人に巡りあえて、早く再婚したい!なんて思っても、
お子さんが再婚を受け入れられるタイミングにあるかどうか、慎重に見極めることがとても大切です。
お子さんにとって、お母さんはたったひとり、あなただけです。
お子さんとお母さん、一緒に幸せになれるよう、あせらずにしっかりとケアしてあげてくださいね。

ルール③前の父親と比べない、子供に比べさせない

father_and_sons

めぐみさん
息子は物心ついていたので、彼の事をおじさんと言っていました。

息子は、パパはパパ、おじさんはおじさんと割りきっていたからです。

なので、あまり無理せず、「優しいおじさんがパパになってくれたら嬉しいね」など言ったり、
彼と息子と3人でいるときも彼の事を「パパみたいだね~」と言ったりして、
まずは息子が、彼と居ることに慣れてくれるように努めました。

ここがポイント!

子供からすると、前の父親だって大切な父親です。決して、お母さんの意見を押し付けることのないようにしましょう。

もちろん、前の父親の悪口なんて絶対にNGです。

悪口を言うお母さんの姿は、新しいパートナーにとっても、子供にとっても気持ちのいいものではありません。
悪口を言う姿を見て、子供に、パートナーにどう思われるか?どう見られるだろうか?と視点を忘れないようにしましょう。

めぐみさん
子どもの気持ちを一番に考えて、無理強いせずに時間をかけることが大切だと感じます。焦らずに、ゆっくりと進めていけばいいですよ。

まとめ:子連れ再婚するシングルマザーが幸せになるための3つのルール

family_shoes

  1. 「父親として」ではなく、「自分にとって」良いパートナーか?を考える
  2. 子供が再婚を理解し、受け入れてくれているか見極める
  3. 前の父親と比べない、子供に比べさせない

幸せな再婚のために、この3つのルールを覚えておいてくださいね!

最後に、めぐみさん、再婚してみていかがですか?いまの心境を教えて下さい。
めぐみさん
再婚したおかげで、今では仕事も人並みに落ち着き、時間や気持ちにゆとりがもてています。

息子も、旦那と初めはあまり口を聞いていませんでしたが、今では彼と一緒に野球を観に行ったり仲良くしています。
すっかり心を開いてくれているようで安心しています。

余裕がある分、以前より優しくなれていると感じます。幸せです。

スポンサーリンク

「結婚したいのに、出会いがない…」という人にオススメの「ブライダルネット」

「ブライダルネット」は、月々たったの2,500円から始められる、とってもお手軽な婚活サイトです!

しかも、安いだけじゃなくて、実績もスゴイ!

利用者の50%もの人が、3ヶ月以内にお相手を見つけて、カップル成立しているんです!

おまけに、カップル成立しなかったら全額返金してくれるので、ノーリスクで試すことができますよ♪

ブライダルネットの3つの安心ポイント

  • ●本人確認100%で、真剣に結婚を考えている人しかいないから安心!
  • ●男性は、定職についていないと登録できないから、100%ちゃんとした仕事をしている人で安心!
  • ●カップル成立しなければ、全額返金保障が付いているから安心!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA